八月のお知らせ~こむら返り~

2019/07/26 ブログ
ブラックボード

どうしてこむら返りが起こるのか?

 こむら返りは、ふくらはぎの筋肉が異常に収縮して起こる症状です。一般的には、足が「つる」という言い方をします。ふくらはぎに限らず、足の指や裏がつる人もいます。運動中や水泳中、寝ているときに、突如こむら返りに襲われる経験をされた人も多いのではないでしょうか。

こむら返りが起きた時は、あまりの痛さに軽いパニックを起こすこともありますが、しばらくすると元に戻るケースがほとんどのようです。どうしてこむら返りが起こるのか、病気が隠れている可能性があるのか?

今日は寝ているときに起こるこむら返りをピックアップします!

どうして、寝ている時に起こるのか?

こむら返りが就寝中に起こりやすいのは、足の甲がとすねが一直線になる状態が長時間続き、感覚器官の働きが鈍くなるからです。食生活面では、ビタミン・ミネラルが不足すると、電解質のバランスが崩れ、こむら返りが起こりやすくなると考えられています。また、一時的な糖分の過剰摂取も代謝のためにビタミンが消費されるため、こむら返りが起こることもあります。偏った食事や栄養不足などが原因で、起こる場合もあります。よくこむら返りになる人は、ビタミン・ミネラルの摂取ができているかなど、日々の生活習慣を見直すことをおススメします。

こむら返りの主な原因は疲労だということです。特にふくらはぎは力を入れた状態が長いため、十分にほぐしてあげることが大切です。お風呂上りで体がリラックスしている時に行うと◎。また、暑いからといってシャワーだけ済ますのはNGです。夏場は冷房にあたることが多いため、体が思った以上に冷えています。

お風呂にゆっくり浸かり血の巡りをよくすることを心がけましょうsmiley